町田コラム

2012.7.20新台!ハイブリッドUV機の特徴

お客様にとって最も効果的な印刷物を作り上げたい!

町田印刷の持ち味を問われたとき、お客様に対して胸を張って言えるのが「品質と対応力」です。当社が創業以来一貫して守り続けてきた原点ともいえるものです。品質と対応力を踏まえ印刷物をお客様に提供する。それが当社の『プリンティング』です。 この度、当社はお客様へ提供する印刷物のさらなる品質向上を目指し、ハイブリッドUVオフセット印刷機を導入いたしました。 これを通じ、お客様のご要望にお応えしていけるよう、今後もさらなる品質の向上を目指してまいります。

 

当社に導入した小森コーポレーション製「リスロンG40(GL840P)」には、反転機で初となる特別仕様「PQAーS(両面品質検査装置)+ダブルデリバリー」を搭載いたしました。「品質検査装置(CCDカメラ)」による印刷紙面上の検査と「ダブルデリバリー」による機械的な製品選別によって不良品の混入を防止いたします。 8色反転装置による4色両面同時印刷により、合成透過用紙(電飾板印刷等)の色調が安定いたします。

 

[ハイブリッドUV機の特徴]

 

 [ダブルデリバリー]

小森コーポレーション製LITHRONE Gシリーズには初めて搭載されました。PQAーSと連動して不良品の混入を機械的に排除するシステムとなっております。

 

[8色反転装置]

圧胴・渡し胴・反転胴ともに、すべて一貫した「3本倍径胴」による安定した高性能反転機構により、挙動が少なく安定した紙搬送が、キズ・コスレの低減、カールの軽減を実現いたしました。

 

[PQAーS(両面品質検査装置)]

高精度CCDカメラによる、オンライン両面品質検査装置により、製品内の不良品を検知いたします。不良品はダブルデリバリーによって機械的に選別されます。

 

ページトップ