町田スピリット

営業部

営業部

私が、お客様と仕事を進めていく中で、最も優先し比重を置いている事は、お客様にとって最も効果的にお使い頂ける印刷物を作り上げる事です。 そのために、印刷物に求められている役割は何かを見誤らず、その印刷物に必要とされている事をお客様と一緒になって考えていく事を心がけています。 また、実際に印刷物を作り上げていく過程では、お客様との窓口である営業が、お客様のニーズを確実に社内に浸透させるとともに、社内一丸となって、品質、価格、納品のタイミングや業務進行上での対応を、お客様の求める水準に高めていく過程があります。 その際の、生産管理部署や印刷現場のメンバーとの打ち合わせでは、かなりの確率で熱い議論の応酬となりますが、これは今手掛けている仕事が、確実にお客様のニーズに応えるべきものに近づいていると感じる時でもあります。

勝どきにある本社では、同じようにお客様のニーズに応えようと、多くの営業部員が奮闘しています。そんな中で、コミュニケーションの一環と称して、先輩社員や同僚とお互いの仕事や抱えている問題など(時には、たわいもない話もありますが…)を気軽に話したりするのですが、笑いとともにアイデアや新しいノウハウが出てくるので、忙しさの中にも活気や発見があり、とても良い雰囲気の職場で仕事に取組むことができています。そしてこれらのお客様への対応や印刷物へのこだわり、職場の雰囲気は、マニュアルや業務命令でもなく、町田印刷の社員が、仕事を通じて自然と身に着け、引き継いできた町田印刷のDNAのようなものです。お客様のニーズに応え続けるために挑戦し、お互いに協力し合える町田印刷の一員として頑張りたいと思います。

営業部

営業部

配属されてまだ間もない私は「営業としてどう行動すれば良いのだろう?」と、模索の毎日です。 しかし“印刷会社の営業”は出来上がった物を売り込むのではなく、お客様と一から物を作る仕事ですから、今はお客様と沢山話をして少しでもお客様の気持ちを多く汲み取れるようにと心がけています。また先輩からも、常に相手のことを考えて動くということを教えられています。 職場の雰囲気は一言でいうとアットホーム!本社の上司・先輩方、工場の方々、協力会社の方々も皆「困ったことがあったらいつでも聞きにおいで」と、全力でバックアップされているなと日々感じています。
目下の目標は一日も早くお客様から仕事を任せられるようになることです。

生産管理部(工程管理) 戸井崎健司

生産管理部(工程管理) 戸井崎健司

生産管理部では、用紙購入から印刷・加工までの工程管理を行っています。印刷から納品までが短納期化する中で、弊社は対応力に自信を持っています。受注から生産の工程を一括管理することで、各案件の進捗状況を迅速に把握して、短納期化に努めています。

お客様に喜んでいただける高い品質を提供できるように、細部にまで気配りを忘れないことを社員同士で意識しています。

熊谷工場 輪転機 機長

熊谷工場 輪転機 機長

私は多色機のオフセット印刷オペレーターです。
毎日出社後は印刷機のコンディションチェックから始まり、始業前の清掃・点検までと1日を通して印刷機と関わりながら忙しく過ごしています。
常々仕事の中で重要視している事は、人材の育成と印刷機械のメンテナンスです。なぜなら私が扱っているオフセット輪転機という機械はとても大きく、例えて言うならトレーラー2台分程の大きさがある為、私一人で全工程の作業・品質検査を行う事など到底出来ません。
今現在、私は後輩1名とチームを組み印刷機械を稼働させております。

人と人ですので時には互いの言い分がぶつかる事もあります。ですが日々コミュニケーションを取りながら、常に互いの意見に耳を傾けることを心掛けていますので、良い意味で互いの弱点を指摘し合い切磋琢磨しています。
また後輩が1日でも早く1人前に成長出来る様、日々のOJTも欠かしません。私達オペレーターの技量が上がる事でより一層お客様に喜ばれる製品作りに繋がり、「ああ、あそこの会社に仕事を出して良かった」と感動していただけると確信しています。初心を忘れず今後も真摯な態度で仕事に臨みます。

戸田工場 枚葉機 機長

戸田工場 枚葉機 機長

私は菊全版4色機のオフセット印刷オペレーターです。
当社は創業以来、業界内でも”品質の町田”と言われ続けています。その中、私は品質の核となる印刷部門に配属されて10年、機長として4年目を迎えました。機長として機械を任されている責任感と、印刷物が出来上がった時の達成感にやりがいを感じています。入社当初、脈々と引き継がれている町田印刷の品質について、先輩方から指導を受けました。そして今、まさに私が後輩達に教える立ち場となり、時代は違っても受け継ぐモノは受け継ぎ、そして時代に合わせて変えていかなければならないコトは変えていく、そしてお客様のニーズにあった印刷物をあげていくことを心がけております。

ページトップ